ウェスト細くするには腹筋だけではダメ!?

ウェストを細くするというと、腹筋と言うイメージがあるかもしれませんがこれは間違い。

 

実は腹筋には

 

・腹直筋
・腹斜筋
・腹横筋

 

この3つがあり、くびれを作りたいなら腹斜筋と腹横筋を鍛えなければいけません。

 

腹筋をしても効果がいまいち感じられないのは、脂肪が燃焼されていないから。

 

なんか難しそうと考えるかもしれませんが、実は腹筋をするよりも簡単な方法で、大笑いをしたりするとお腹の内側が痛くなったりすることありますよね?

 

その時に使われているのが腹横筋です。

 

 

ウェストを細くしようと思うと大切なのが「ひねり」

 

ただ細いだけではなく、メリハリがあることでよりウエストが強調されて、細く見えます。

 

また、バストも大きく見えるので、女性ならスタイル良く見えるし、男性ならガタイが良く見えて、どちらもますますスタイルアップしますよね。

 

キホンは

 

・姿勢
・食生活
・歩き方
・腹式呼吸

 

この4つを意識してください。

 

あとは腰を回したり、ひねったりを意識していくとくびれができていくので、ちょっとした隙間時間やテレビを見ながら腰回しをしてみたり、左右に上半身だけをひねってみたり。

 

寝る前に布団の上でも仰向けになって、左右に足を動かすのも良いでしょう。

 

 

ただし、女性に多い冷え性は代謝が悪くなります。

 

温活をして、冷たいものを食べたり飲みすぎないように心がけましょう。

 

それとやっぱりお肉があってはウェストは細くならないので、ダイエットもしてくださいね。

 

 

太ももの引き締めに効果的な方法は?

女性の気になる部位に多いのが「太もも」

 

でも、太ももの引き締めってなかなかできないことがあるんですよね。

 

効果的といわれるウォーキングやランニング、階段を使ってみたりするけど全然変わらない。

 

中には自転車とかがいいと聞いたのに、余計に太くなった!という人も。

 

短距離走と長距離走のアスリートの体型の違うがあるように、間違った方法をしてしまうとこんなことが起きてしまうんです。

 

 

また、いろいろなことを試したけど、いまいち効果がないと言っている人の中には

 

・むくみ
・骨盤のゆがみ
・代謝が悪い
・冷え性
・運動不足

 

など、根本的な原因を改善しなければいけない場合があります。

 

女性に多いむくみや代謝の悪さ、冷え性などは繋がっているので、リンパや血流を良くすると改善されることがあります。

 

そしてもうひとつ。

 

骨盤のゆがみも女性あるあるですよね。

 

このゆがみを矯正すると自然に痩せやすい体質になり、ダイエットや太ももの引き締めの効果が出やすくなったりします。

 

 

あれこれ取り入れるよりも、まずは邪魔しているものを排除する。

 

これをするだけでストレッチやマッサージに差が出てくるので、特に思うように効果を実感できていない人は、今すぐに意識してみてください。

 

もう年だから…なんて言い訳は不要ですよ!